スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名:『羊を追い回すな!』

  • 2008/03/18(火) 08:20:01

本屋のビジネス書棚で 『羊を追い回すな!/ジェフ・バーチ』 (ダイヤモンド社)ってタイトルの本を発見。

(原書:The Way of the Dog: The Art of Making Success Inevitable by Geoff Burch)



ボーダーコリーと一緒に暮らす者として、興味が沸かないわけがない。

表紙も可愛いしねー。

羊を追い回すな


まぁ表紙を読めばビジネス・ハウツー本の類であることにすぐ気づくけど、

表紙を折込んだ部分には、



     客の囲い込み方は、牧羊犬に聞け。

     うだつのあがらないセールスマンのデレクは、ある日、不思議な老女に出会った。
     「このままじゃ、あんたはトップセールスマンになれないね。
     ひとつ、犬のやり方を学んでおいで!」
     デレクは、杖のひと振りで、牧羊犬のコリーに変えられてしまう。
     さあ、デレクは立派な牧羊犬になれるのか、
     そして、人間の姿に戻ることができるのか?



とある。







w(゚o゚)w はっ!







w(゚ロ゚)w あっ!!







常々、スクラッフはもうすぐ人間になるんじゃないかと思ってたけど、

やっぱり私の勘は間違ってなかったんだ!!

スクラッフは人間だったけど、あんまりにも可愛い男の子だったからジジに魔法をかけられたんだ。

で、立派な牧羊犬になればスクラッフは人間に戻るってわけだな。

ってことは、私はやっぱりスクラッフと結婚できるじゃん!







という妄想を一緒に居た友達に悟られないように、

「以前はよく自己啓発とかハウツー本の類を読まされたんだよねー」とクールに言い放った。





そーいえば会社員時代、仕事以外の時間は飲む読むかに大半を費やしてた。

当時の上司達は非常識人だけど読書好きの私に、松下幸之助やカーネギーといった比較的まともな自己啓発本から、

「こーすれば貴方も立派なリーダーになれる」とか「こーすれば貴女も素敵な女性になれる」ってな胡散臭い本まで色々紹介してきた。

こういう類の本を読むと、「自分はもっと成長せんといかんなぁ」と痛感するけどすぐ忘れちゃう。

だからまた新しい本を購入して、「自分はもっと成長せんといかんなぁ」と感じる。

出版社の罠とも気づかず、自己啓発本を買い続けちゃうって訳だな。

今思えば、上司達は出版社とグルになってたのかもしれない (。-`ω-)ンー 。





それで、この『羊を追い回すな!』ですが、

     「営業マンと顧客の関係」 を 「牧羊犬と羊の関係」 に比喩してます。

     羊を追い回して移動させる牧羊犬じゃなくって、羊が自分の意思で動いていると
     
     思わせるような牧羊犬に成長するまでの過程を書いてます。

     つまり、―顧客の意思を尊重することが最終的には良い営業成績を生みますよ―

     という内容。

     ただし、実践に即した具体例は一切書いてないけど。





とはいえ何せ私は若かりし頃に、

自己啓発やハウツー本を読んだら 「生まれ変わって頑張るぞ~~」 と思うように

上司と出版会社の陰謀で洗脳されてますから、それなりに楽しみましたよ♪



内容云々よりもボーダーコリーが主人公ってのも気に入りましたし(笑)

それに老女(魔女)が

「犬のやり方を学んでおいで!」

だなんて、粋なこと言うじゃありませんか~。

きっと、彼女は江戸っ子ですね。

(著者はイギリス人だけど)









スクラッフ君、今日は人間に戻る気配が全くありません。

P sleeping


というより、スクラッフは牧羊犬のトレーニングをしたことが皆無だった・・ ( ̄ー ̄)




明日9歳になるチャーリーは、

C sleeping


人間よりビーグル犬の方が素晴らしい人生だと申しております。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

装丁がいいねぇー。でも、我が家の牧羊犬はもっとモコモコしてるけどね。
面白そうなので、チェックしておくよ。
ブログで知り合った方にお勧めされた本、A Good Dog
著者John Katz も
面白そうなので、ぜひチェックしてみてください!和訳は出てるか分からないけど。
(Wooちゃん好みのビジネス本ではありませんが。)

ちなみに、私は、会社員時代、飲むか寝るかに徹してました♪
(寝るっても眠る方ですよ!奥さん!ははは!)

チャーリーさん、お誕生日おめでとう!牧羊犬より、人間より、ビーグルの方が
ずっと幸せだよね。我が家のブルドッグも共感しております。

  • 投稿者: micky
  • 2008/03/18(火) 20:38:51
  • [編集]

へぇ~ 羊追いに例えるなんて、この著者はボー飼いなのかな。

もしピッピが人間になったら 短足のずんぐりむっくり系。
でも顔はジャニーズ。惜しい~あと1っぽってとこかな。
で、チャーちゃまは足長、小尻のモデル系。
でもワオーン ワオーンとバイクに旗立てて走りそうだわ。

夕方の散歩でバイアイのレックスに会ったよ。
ピッピと同じで若いのに目の周りだけが妙に白いの。
バイアイ特有の現象??

明日はチャーちゃんにご馳走つくってあげてね~♪

  • 投稿者: nonco
  • 2008/03/19(水) 00:30:24
  • [編集]

☆mickyへ

>(寝るっても眠る方ですよ!奥さん!ははは!)
って念押ししなくってもよろしくてよ、奥さん!おかしー!!

John Katzの本、うちにも3冊あるよ。
でもさ、英語だからあんまり理解してないかも(笑)
mickyが教えてくれたのは買ってないから、探してみようっと。

『羊を追いかけろ!』って本は、大学を卒業し営業部に配属されたけど何していいかわからないような人が気合を入れるために読むような本だから、内容を読むよりカバーを見るだけでOKよ♪

チェーリー君、9歳よ~。人間に迷惑をかけて(嘘)、もう9年過ぎたのよね。
これからも元気で幸せな人生を楽しんで欲しいと思うな。



☆ボックへ
俺っちに共感できるの?
ってことは、俺っちみたいにわが道を行くタイプ?
mickyとでっかい旦那さんに叱られた時は、目を合わせずに下を向いて反省したフリをしておけば人生楽しく過ごせるぜ♪
「食べて、寝て、遊ぶ」それが正しい犬の生き方さ!
チャーリーより

  • 投稿者: woo
  • 2008/03/19(水) 08:15:53
  • [編集]

☆noncoへ

ジジがお誕生日クッキー(自分のじゃなくってチャー用よ)を買って来てくれるって!

スクラッフは毛がモコモコだから短足でずんぐりむっくりに見えるけど、濡れたら凄いんだからね!
結構、良い体してるよー。
ジャニーズで例えたら・・・ってジャニーズ知らないし(笑)
チャーはカッコイイから、ジジのライバルのお兄ちゃんみたいに白髪の似合うモデルさんにでもしようかね!

うちの可愛いバイアイ君の白い眉毛は、ジジに似たんじゃないかね。
チャーリーも9歳にしては白すぎるし、ジジに似たんだよ。
レックス君の飼い主さんも白髪多くない?
ってそんな訳ないけど、バイアイってのは色素が弱いのかね?

この本の著者はイギリス人だから、牧羊犬をみる機会が多いのかもね。まっ、ボーダーが主人公ってとこだけがおもしろい本さ(笑)

  • 投稿者: woo
  • 2008/03/19(水) 08:29:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。