スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万十川 新聞紙バッッグ

  • 2009/01/27(火) 00:01:08

あたくしが新聞で折れるものといえば兜くらいだけど、

have a hat on Charlie








世の中には凄い発想の持ち主がいるもんだ Σ【*゚д゚*】





新聞紙2枚と糊だけでできる代物で、ハサミもいらない。

その名を「四万十川 新聞紙バッグ」という!



newspaper bag




これは、道の駅四万十とおわで販売されていて、

高知新聞を利用しているのでエコバッグとして使えるとともに、

出かける時に本を忘れても、

電車の待ち時間やトイレ(活字読まないとダメな人もいるでしょ)でも利用できるという優れものだ。





ホント、エコバッグを新聞から作るなんてクールだと思う。

うちはいつも、1か月分の新聞をトイレットペーパー1巻きと交換してもらうんだけど、

2枚抜いたって、いえいえ例え10枚抜いたってトイレットペーパーくれるし、

これって一石二鳥じゃん\\( ⌒▽⌒ )//




この新聞紙バッグ、ニューヨークのMoMA美術館の売店(ニュースでチラ見なので確かじゃないけど)などにも輸出してるそうだ。

新聞の綺麗な写真が表に出るように工夫しているし、漢字がカッコいいんだって。

日本人が英字新聞を包装紙に使うと、カッコいいと思うのと同じなんだな~。





私が思いつく新聞紙の利用方法なんて、

リサイクルに出すか、窓ふきか、汚れ物を包むか、兜を折るかって程度。

大袈裟だけど、こういう発想の転換が世の中や自分の人生をかえるのよね・・。


こんな訳で、新聞紙バッグの考案者の伊藤正子さま(四万十町在住)ってすごいと思う。



ちょっと高いけど、「新聞紙バッグの作り方と新聞紙バッグ1つ」がセットになって買えるので、

興味のある方はいかがですか?







余談だけど、うちは数週間前にオーダーしたものの人気商品で中々届かず、

やっと届いたと思ったら、一緒に頼んだ「ジンジャーシロップ」が無かった!のだ。



「ジンジャーシロップ」が入って無かった旨連絡すると、

すぐに調べて 「忘れてました」と素直に謝られました。

土佐のアクセントも暖かで、言い訳しないところが逆に感じが良いと思いました。





TVなどのマスコミで紹介されて忙しいと思うけれど、

「体に気をつけて四万十町の新聞バッグを世界に広めて下さい!」と応援したい気分です。





だけど風邪ひいて喉が痛いので、早く来て欲しいなぁ~ジンジャーシロップ♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

さあ~今度はコメント送信できるかな~
チャーリー君!兜がお似合いよ♪

四万十川の新聞紙バッグ!素晴らしい~!
Wooさんの写真でさらに素敵に~☆Wooさん作ではないよね?
ハサミもなくて作れるのね!楽しそう♪

風邪、早くシロップが来ると良いですね!
お大事に。

  • 投稿者: mvbaba
  • 2009/01/31(土) 09:33:29
  • [編集]

☆mvbabaさんへ

コメントありがとうございます(笑)
無事に受け取れて良かった♪

新聞紙バッグ、早速作ってみました!
コツさえつかめば、簡単です。
失敗しても古新聞として出せるし、なかなか良いです。
でも、どこが正面になるか考えないと暗いバッグになっちゃいます。

うん○バッグに使おうかなぁ~と考えてます。

  • 投稿者: woo
  • 2009/02/02(月) 11:10:34
  • [編集]

-右脳左脳チェッカー- さま

「それがわかるとどーなるんでしょ?」
と理屈っぽいので、私は左脳型と思います。

  • 投稿者: woo
  • 2009/02/10(火) 09:59:39
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。