スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎

  • 2010/09/29(水) 15:20:52

ちょっと前(9/16)になるけれど、人生で2回目となる歌舞伎を観てきました。

鎌倉芸術館で。

中村勘太郎・中村七之助ご兄弟の『錦秋特別公演』というもので、

近所だし、初心者OK!そうな値段と演目ということで思い切って行ってきました。





素直な感想としては、眠かった時間もあったかなというところでしょうか。

とはいえ思った以上に楽しみました。




演目は 

一、橋弁慶(勘太郎さん、七之助さん)
二、勘太郎さん 七之助さんの芸談(武藤まき子さんも登場)
三、あやめ浴衣(女形4人衆)
四、浦島(勘太郎さん)
五、藤娘(七之助さん)



『橋弁慶』では、弁慶(勘太郎さん)、牛若丸(七之助さん)ともにかつら無しの素踊り。

凛々しい弁慶と、はらりはらりと踊る牛若丸。

ここは鎌倉ですから、やはり牛若丸(義経)は必須ですね。



『芸談』では、数分の間をおいてスーツ姿で登場。

意外や意外、二人の体格はそれほど違いませんでした。

先ほどまで、弁慶と牛若丸だったのに、すっかり好青年に変身。

お兄さんのほうがはにかみ屋で、弟くんのほうが強い印象。



『あやめ浴衣』のみ、中村兄弟の出演は無しで女形4人が踊ります。

正直、ちょっとごつかったかな。



『浦島』は、いわずとしれた浦島太郎の話を舞踊にしたもの。

若者姿から翁に一瞬にして変身する勘太郎さんは、圧巻でした。

変身そのものも驚きましたが、

若者と翁を一瞬にして演じきる勘太郎さんに脱帽です。

私自身は、この演目が一番わかりやすくて楽しみました。



最後は『藤娘』。

藤娘の七之助さんは、可愛く、綺麗で、女性そのものです。

『あやめ浴衣』の4人がちょっとごつかったのは、七之助さんを惹きたてるためか・・

と一瞬思いましたが、それは違うとすぐに気付きました。

七之助さんがいいんですね。

勘太郎さんとたいして背格好が変わらないのに、

どうしてこんなに女性らしいのだろうと

キツネにつままれたような感覚でした。



勘三郎さん、幸せだろうな。





トリミング後

僕はやっと涼しくなって幸せ。





あ、歌舞伎鑑賞はまた行きたいと思います。(´д`)

スポンサーサイト

嵐に嫉妬

  • 2010/09/20(月) 11:18:53

なんかの歌番で「嵐」が出演。

歌い始めると同時に、ジジの携帯が鳴り、

歌い終わると同時に、ジジの会話が終了。





会話に邪魔なので下げた音量を、

もとに戻しながら「嵐だったのにな」とボソッと言ったら、





「嵐だっていつかオヤジになるんだよヽ(#`Д´)ノ」





と言い返された。(*・ω・)ン?

4men.jpg


『嵐がオヤジになる頃、ジジはお爺さんだよ』と心の中で思いながら、

マジで嫉いてるジジに笑えた。

夏のお代

  • 2010/09/05(日) 15:21:50

今年は本当に暑いじゃなくて熱いという感じ。



アトピーゴンゾは、3週間に1回ペースでトリミング。

マジで高くついた・・。






その点、兄ちゃん達は私が洗って、あとはバルコニーで自然乾燥。



洗髪



安くつくね!

2匹を洗い終わったら、私は ビール 「発泡酒」をグビグビっと一気飲み!

これも安いもんだ!!





平日は朝から晩までエアコン入れて、出勤。

7月はドライを入れて、

電気代12,000円 w( ̄Д ̄ w ; ガーン!!

8月は冷房27度設定で、







8,000円∠( ゚д゚)/ 「え」







ほんとは高いんだけど、何か安く感じる。

ほら、夕方のスーパーとか、限定商品とかを手に入れた感じ。






この暑さももう少し。

朝晩の虫の鳴き声は、蝉から秋の虫に変わりだしているし、風も同じ。






うちの台所事情も厳しいんだから、早く来い!秋! (#`Д´)ノ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。