スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフォラ・プロストラタ

  • 2008/03/29(土) 07:26:35

ソフォラ・プロストラタ。

早口言葉


ホント、3回連続して言ったら舌噛みそうだね(笑)



マメ科ソフォラ属
学  名 Sophora prostrata'Little Baby'
商品名 メルヘンの木
原産地 ニュージーランド



Sophora prostrata
(ジジが貰ってくれた日立白熊君の縫いぐるみ)



私が持っている『熱帯花木と観葉植物図鑑(1998)』には載ってないので、この数年で日本に紹介されたんでしょうね。

ソフォラ・ミクロフィラSophora microphyllaって名前でも販売されているけど、たぶん同じ植物体だと思うな。

とはいえ、私もNZで実物を見比べたわけではないので、よくわかんないけどね ┐( ̄ー ̄)┌

NZ Native Plantsでチェックしたけど、これじゃ情報不十分だから、今度ニュージーランドに行かなきゃだわ。

(ジジ、読んでる?)




Leaves of S.P.

このカクカクした感じ、自分の性格を現しているようでとっても愛着がわくね~。



ソフォラは街路樹によく見られるエンジュ(槐)と同じ仲間。

太陽が好きで、根を水浸しにしなれけば育つみたい。

もう少し経てば、葉っぱはもっと青々としてくると思うけど、私の留守中は、朝ジジがバルコニーの南側に出し、夜は家に仕舞ってくれたので落葉することもなく元気に一冬越しました。

キッチンの窓辺にでも置けば「素敵な奥さん」ぽく演出してくれること間違いなし v( ̄∇ ̄)

スポンサーサイト

犬と雷雨をつまみに

  • 2008/03/26(水) 08:50:33

昨晩の雷雨は凄かったぁ。

ド迫力の稲妻と大音量の雷!!

海にもたくさん落ちたんだろうな~。





一般に、犬は雷が苦手とのこと。

吠えたり、ビビッて部屋の隅に隠れたり、脱走するケースもあるんだって。

ご近所の外犬ビーグル君は家に入れてもらえたかな。吠え過ぎて怒られたりしなかったかな。





スクラッフはちょっと変わっていて、稲妻も雷もへっちゃら。

昨日も稲妻が光り始めたら、

『バルコニーに出して欲しいな~光線』をこっちに投げかけてくる。
window.jpg

稲妻より手強いのだ。





バルコニーに出すとすぐに稲妻と雷を追いかける!
thunder.jpg

興奮したり吠えることは一切なく、観賞するだけ。





「スクラッフ!」って呼ぶと、ほれこの通り満面の笑み。
lightning.jpg

ふっさふっさ尻尾も嬉しいバージョンになってるし、やっぱ楽しいんだろうな。





そのうち、チャーリーも一緒になって稲妻と雷を観賞しはじめたよ ┐( ̄ー ̄)┌
bolt.jpg






バルコニーに雷が落ちるとは思わないけど、やっぱり犬だけにしておくのは心配。

というわけで、あたくし今年初めて「雷雨」と「稲妻・雷を追いかける犬」をつまみにバルコニーでお酒を飲みました。

ジジは出張中だったので、独りでね。

ほっしゃん。の「酒と涙とリクガメとウサギ」

  • 2008/03/24(月) 20:17:25

わたくし、梟が大好きです。

「PCを使ったり本を読んだりしているときに、肩にフクロウがちょこんと乗ってたら・・」

な~んて事を考えるだけでワクワクしちゃう。

トイレに行くのも一緒ってのもいいなー。



でも色々考えて、我が家の動物は人間と犬だけにしときます。



nap.jpg


「チャッチャとピッピは可愛いけど、肩に乗せられんし (  ̄д ̄;) 」





そんなわたしが楽しみにしているのが、

ほっしゃん。の「酒と涙とリクガメとウサギってブログ。

最近の日記は、もっぱらインドオオコノハズクのモイモイちゃんが主人公。

可愛いの一言に尽きるのだよ o(*⌒―⌒*)o





ほっしゃん。の漫才がおもろいかどうかはわかんないけど、

優しい人だな~ってのはよくわかる。

芸能人のブログをリンクしていいものかどーかもわかんないけど、

思い切ってリンクしちゃおうかな~って思っている、今日この頃。

チャーリー、9歳になる。

  • 2008/03/20(木) 08:37:14

3月19日。

チャーリー君がこの世に誕生して9年たった!

Charlie 9

スヌーピーみたい





犬の9歳は人間でいえば52歳だそうで、気づけば我が家で最年長になっている。

この9年間、どのくらいの人に迷惑をかけ、どのくらいの♂犬に喧嘩をふっかけたか定かではない。

もしかしたら私の知らないところで、

わたしは「ビーグルとボーダーコリーを連れた要注意人物」になっているかもしれない。

でもまぁ兎にも角にも病気らしい病気もせず、メタボにもならず、毎日元気でいてくれるのが一番嬉しい。

ありがとう、ちゃっちゃ。





昨日は、ジジがスリードッグベーカリー横浜元町店で、おやつを買って来てくれた。
bagels.jpg

大雨の中、ありがとうジジ。





今日は、チャーリー専用のケージを購入するために、PETON KAMAKURAに行く。

チャーリーはこのお店が大好き。

ここでは、チャーリーはチャー様と呼ばれ、オヤツをそれはもう本当に沢山頂く。

いつも本当に有難うございますm(__)m

おやつ代が浮いて助かってます(笑)





月並みだけど、チャーリーが居ることで色んな出会いがあった。

チャーリーが4歳まで暮らした街では、

整備工場の前を通ると社長さんがいつもお水をくれたり、ギンビス・アスパラや動物ビスケットをくれた。

レモンちゃんや五郎君というビーグルにもしょっちゅう会ってったっけ。

五郎君のおじいちゃんからは、チャーリーの写真をプリントしたTシャツを頂いたな。

みんな元気かな~。

伸縮リードを使って歩道を散歩させていたら、猛スピードで来た自転車の女性に「邪魔なんだよ!」と怒鳴られたこともあったっけ。

その時は真剣にむかついたけれど、犬と一緒に暮らして9年近く経てば、その意味もわかる。

確かに歩道を右に左にクンクンクンクン臭いを嗅ぎ、ウロチョロしていたら邪魔だわな。

あの女性も元気に自転車漕いでるかな?



チャーリーが居なければスクラッフとも出会わなかっただろう。

正直、チャーがアホじゃなかったら、「賢いワンコとも一緒に暮らしてみたい」という願望も生まれなかっただろうし(´-ω-`)





こっちに引っ越してきてからは、より一層大切な出会いがあった。





チャーリーと出会ったのが5月5日子どもの日。

もうすぐ9年になるんだな~。

9歳も歳とったんだな~、あたしたち。

題名:『羊を追い回すな!』

  • 2008/03/18(火) 08:20:01

本屋のビジネス書棚で 『羊を追い回すな!/ジェフ・バーチ』 (ダイヤモンド社)ってタイトルの本を発見。

(原書:The Way of the Dog: The Art of Making Success Inevitable by Geoff Burch)



ボーダーコリーと一緒に暮らす者として、興味が沸かないわけがない。

表紙も可愛いしねー。

羊を追い回すな


まぁ表紙を読めばビジネス・ハウツー本の類であることにすぐ気づくけど、

表紙を折込んだ部分には、



     客の囲い込み方は、牧羊犬に聞け。

     うだつのあがらないセールスマンのデレクは、ある日、不思議な老女に出会った。
     「このままじゃ、あんたはトップセールスマンになれないね。
     ひとつ、犬のやり方を学んでおいで!」
     デレクは、杖のひと振りで、牧羊犬のコリーに変えられてしまう。
     さあ、デレクは立派な牧羊犬になれるのか、
     そして、人間の姿に戻ることができるのか?



とある。







w(゚o゚)w はっ!







w(゚ロ゚)w あっ!!







常々、スクラッフはもうすぐ人間になるんじゃないかと思ってたけど、

やっぱり私の勘は間違ってなかったんだ!!

スクラッフは人間だったけど、あんまりにも可愛い男の子だったからジジに魔法をかけられたんだ。

で、立派な牧羊犬になればスクラッフは人間に戻るってわけだな。

ってことは、私はやっぱりスクラッフと結婚できるじゃん!







という妄想を一緒に居た友達に悟られないように、

「以前はよく自己啓発とかハウツー本の類を読まされたんだよねー」とクールに言い放った。





そーいえば会社員時代、仕事以外の時間は飲む読むかに大半を費やしてた。

当時の上司達は非常識人だけど読書好きの私に、松下幸之助やカーネギーといった比較的まともな自己啓発本から、

「こーすれば貴方も立派なリーダーになれる」とか「こーすれば貴女も素敵な女性になれる」ってな胡散臭い本まで色々紹介してきた。

こういう類の本を読むと、「自分はもっと成長せんといかんなぁ」と痛感するけどすぐ忘れちゃう。

だからまた新しい本を購入して、「自分はもっと成長せんといかんなぁ」と感じる。

出版社の罠とも気づかず、自己啓発本を買い続けちゃうって訳だな。

今思えば、上司達は出版社とグルになってたのかもしれない (。-`ω-)ンー 。





それで、この『羊を追い回すな!』ですが、

     「営業マンと顧客の関係」 を 「牧羊犬と羊の関係」 に比喩してます。

     羊を追い回して移動させる牧羊犬じゃなくって、羊が自分の意思で動いていると
     
     思わせるような牧羊犬に成長するまでの過程を書いてます。

     つまり、―顧客の意思を尊重することが最終的には良い営業成績を生みますよ―

     という内容。

     ただし、実践に即した具体例は一切書いてないけど。





とはいえ何せ私は若かりし頃に、

自己啓発やハウツー本を読んだら 「生まれ変わって頑張るぞ~~」 と思うように

上司と出版会社の陰謀で洗脳されてますから、それなりに楽しみましたよ♪



内容云々よりもボーダーコリーが主人公ってのも気に入りましたし(笑)

それに老女(魔女)が

「犬のやり方を学んでおいで!」

だなんて、粋なこと言うじゃありませんか~。

きっと、彼女は江戸っ子ですね。

(著者はイギリス人だけど)









スクラッフ君、今日は人間に戻る気配が全くありません。

P sleeping


というより、スクラッフは牧羊犬のトレーニングをしたことが皆無だった・・ ( ̄ー ̄)




明日9歳になるチャーリーは、

C sleeping


人間よりビーグル犬の方が素晴らしい人生だと申しております。

ピッピの可愛さは今も昔も変わらない

  • 2008/03/13(木) 20:11:06

一昨日、スクラッフはフッサフッサ尻尾とモッコモコお尻にうん○をくっつけた。


昨日、チャーリーは自分のう○ちを踏んづけたまま、さらに用を足していた。


今朝、私はスクラッフの○んちを採ってる時、チャーリーが動いたので手に○○○がついた。


明日はジジの番だな。



すんません、変な話しで。





ということでお口直しに可愛いスクラッフの写真でもどうぞ。



スクラッフ君、目を真ん丸にしてディスクを狙ってます。

shooter.jpg


青い目がアクアマリーンの宝石みたいにキラッキラしてとっても可愛いのだ。





ん?スクラッフ君の可愛さが伝わらない?





じゃぁ本当に可愛い写真をおひとつどうぞ。

(写真のスキャンなので画像が悪いけど ピッピ君の可愛いさは伝わると思うわ・・。)

puppy.jpg






うーん、ディスクが大っきい!





昨日、引き出しの掃除をしていたら出てきた。

日付が2003年5月だから、生後5ヶ月弱のパピー時代だな~。

スクラッフは1歳半までボール命だったから、

ディスクをくわえているってのは貴重な貴重なお宝写真。

引き出しから1万円が出てくるより価値があ





「一生懸命にディスクを持って来るピッピ君、何て何て可愛いんでしょーか。

この一途な可愛いさは昔も今も変わらない、もう匠のなせる技と言って良いでしょ~。」

(ここだけ、ビフォアー・アフターのナレーション的です)





母ちゃん、たまりましぇーん Ψ(・O・)Ψ





生まれ変わったら、スクラッフと結婚するんだ。

ガーベラとボローニア・ルーティア

  • 2008/03/10(月) 20:52:18

これは向日葵みたいな色合いでとっても可愛らしいガーベラ。

Gerbera.jpg


茶色のガラスの花瓶と相性抜群。



なるべく家の何処かに生花をおきたいんだけど、中々好きな花に会えない。

(価格も!)

そんなときは、ガーベラにする。

今回は、春らしくスィートピーでもと思ったんだけど

私の中では「スィートピー = 松田聖子」なので何となくやめちゃった。

(別に聖子ちゃんが嫌いって訳じゃない)





1年前の引っ越しの時、前の家にあった植物をほとんど友達に譲った。

独身時代から一緒に暮らした植物もあって手放すのは寂しかったけど、

のびのび育つ環境の方が良いかなと思って。

だから昔みたいに「欲しい」から「買う」という衝動を抑えているんだけど、また買っちゃった・・。

あーまた買っちゃった ̄Д ̄;



Boronia megastigma




この季節、園芸屋さんに登場するミカン科ボローニア属。


学名 Boronia megastigma
品種 Lutea


釣鐘状で淡い黄緑色の1cm程度の花。香りが素晴らしく良い!!

柑橘系のようなさわやかな香りで、風に揺れるだけで香りがふわ~っと流れてくるの。



このお花、今年1番のお勧めです!

(私、お花屋さんじゃないけど)



園芸屋さんなどで見かけたら、是非、匂いをかいでみて下さいな。

赤いエスプレッソ・マシーン

  • 2008/03/08(土) 10:46:20

もうすぐ春だなぁ~。

わたしは花粉症がさほど酷くないので、春は単純にウキウキする。

沈丁花の香りとかが漂ってくると、たまらなく春を感じてうっとり。

大好きな桜のつぼみも膨らんできたし、いよいよ春までカウントダウンです!

somei.jpg
この前行った税務署の染井吉野のつぼみ




どの季節も好きだけど、苦手なのが冬の乾燥。

体は頑丈に出来てるし口から出る言葉はとっても強い(特にジジに)のに、口の中から奥がマジで弱いわたし。

いつもよりちょっと大きな声を出すと翌日には喉がやられ、翌々日には風邪をひく。

冬の乾燥が加わると喉がやられやすく、延々と風邪っぴきになりジジの心配は頂点に達する。

じゃぁ、喉のケアを注意しているかと聞かれれば、「No! ( ̄^ ̄)エッヘン」と即答できる。

で、この冬は「ハイブリッド式加湿器」で喉を労わろうと決意し、且つジジの心配の種を減らそうと考えて夫婦で電器屋さんに行った。

ハイブリッド式の利点を聞き、購入の決意はした。

でも、なぜかエスプレッソ・マシーンを買って帰ってきてしまった ┐( ̄ー ̄)┌ナゼダロー

それがこれ。esu.jpg



日本製なんだけど、とってもユニークなデザイン。

ロボコンみたいだし(古すぎ)。

カフェポッドを利用するので、手軽にエスプレッソやカプチーノなどを楽しめる。

カフェポッドの説明はここ

なんでこのエスプレッソ・マシーンにしたかというと、機能性やデザインは勿論のことジジの大好きな赤色だったから。

私は水色・黄緑・茶色が好きなんだけど、ジジは赤・オレンジ・黄色が大好き。

家の中は私の好きな色が多いけど、ジジの縄張りのキッチン周辺だけは赤色で溢れてる。

ジジとは色の好みが正反対だけど、機能性よりも見た目を重視し、直感でモノを購入するのが共通の性格。





さて、中国をはじめアジアでのコーヒーの消費量はグングン伸びている。

クアラルンプール、バンコク、チェンマイ、バリなどではスタバをはじめ美味しいコーヒー屋さんがあるんだけど、なんせ高い。

といっても日本よりちょっと安いんだけど(笑)

ただね、食事を50バーツで済ませているのに、コーヒーが100バーツってのはどうも解せない。

で、タイなどに居るとき大抵は食後のコーヒーを我慢する。

日本にいれば1日5-10杯(ブラック)飲むんだから、ちょっとつらい。

まぁケチらないで飲めばいいんだけど、大戸屋で千円の食事をして、そのあと帝国ホテルで二千円のコーヒーを飲めるかって聞かれれば飲めない。

そんな理由かな。





だからね、日本に戻ってこの1週間タイで飲めなかった分まで飲んでます。

latte.jpg
これはカフェラテ



考えてみれば、この冬は日本に居ることが少なかったので加湿器よりエスプレッソ・マシーンの方が正解でした。

ちょっとキツイこと

  • 2008/03/05(水) 08:08:21

タイネタです。



ちょっとキツイなぁ~ってのが2つ。




まずは、これ。

1980_convert_20080305092950.jpg

ワンレン、ボディコンってやつですな。

たまに見かけました。

私が体に密着した服を着たら、背骨が浮かびそうなのでボディコンは無理です。

それに、髪も短く、化粧っ気無く、身長はタイ♂並み、肩幅広く手足のでかい私が着たら、

おかまちゃんと思われちゃう。

実際、マーケットを歩いていたら男物のトランクスを買えって言われたし・・。



一応わたしはこっちよ。

IMG_5744_convert_20080305101324.jpg


でも、こんな露天で下着なんか買えない。





次が、これ。

love_convert_20080305093047.jpg


同姓で 手をつなぐ こと(男同志もたまに見かける)。

これはタイに限らずアジア圏では普通なことのようで、

初めて行ったアジア(バングラデシュ)で、いきなり手を握られて

ぞぞぞぞぞぉ~
っと虫酸が走ったもんですわー。

今も、アジア圏の友達から手を握られたり腕を組まれたりするけど(=友達の証らしい)、

同姓でトイレに一緒に行くのも苦手な私には拷問以外の何者でもありません。

が、私も大人なので露骨にイヤだとは言わず心の中で「やめてくれ~」と念じてます。





ちなみに、タイでは大学生まで制服着用。

といっても白いブラウスに黒いスカートを着れば良いだけ。

大学には「胸元の開いたブラウスやミニスカート禁止!」と掲示されてたけど、

そんなのどこ吹く風と言った感じで、みんな結構セクシー路線でした。

帰国

  • 2008/03/03(月) 16:08:40

帰国しました!

先月は、タイから自己新記録並みでブログ更新達成♪

それに伴って「旦那さんは兼業主夫」(yaplogさん)から引越しを決意しました(意味不明ですね)

何となくFC2さんの方が使い勝手がよさそうだからです。

と言っても最初のうちは四苦八苦すると思うので

去年のようにyaplogさんに戻らなくて済むよう頑張ります。



チャー肉球

「俺っちの肉球はいっつも良い味だな~」



ピッピ

「今朝は朝シャン。シトラスのかほりに僕ちんうっとり」





ピッピとチャッチャを見ていると、「家に帰ってきたんだなぁ~」と実感。





さて、今朝は朝イチで2匹をシャンプーしてみました。

シャンプーしたらお風呂場を掃除して、バスタオルを洗濯して、

その後ですぐにトイレ散歩に連れてって、あー忙しかった!!

(スクラッフはシャンプーすると、大量のチッコをするという癖があるのだ)



おまけに、1日に何度もコロコロしなくっちゃいけないし、

散歩も行かなきゃならないし、一気に忙しくなったぞい ()´д`()。

まぁそれがささやかな幸せでもあるんだけど。





「前ブログにリンクさせて頂いていたみなさま」

事後承諾ですみませんが、当ブログにもリンクさせて頂きました。

今後とも宜しくお願いいたしますm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。