スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース

  • 2011/10/12(水) 19:41:46

アニメのワンピースが始まりました!(2週間前からだけど)

チョッパー

マンガは大好きだけど、

あんまりにも描写が細かくて「線」が多すぎてくると

乱視状態になってお手上げ~ \(* ̄▽ ̄*)/



ストーリーどこじゃありません。

この「線」は 『一体ルフィーのどの部分なの?』 って感じです。

尾田先生、どーか中年にも優しい絵を!(笑)




で、アニメ。

なんかスッキリクッキリして、目に良いものなのね(* ̄ー ̄*)



今までアニメはあんまり観なかったけど、こんな活用方法があるとは夢にも思わなかった・・。

年はとってみるもんだわ 。( ̄^ ̄)

スポンサーサイト

思わぬ休暇

  • 2011/09/19(月) 15:42:16

kokuri.jpg
9月早々の国立競技場です。

すごい嵐でした。

(写真見て、わかる人にはわかる・笑) (  ̄3 ̄)~♪





軽い肺炎で、仕事を9日間も休みました。

結核と勘違いされてちょっと大変でした。



食事ができなくって、ちょっと痩せました。

そんな私の顔をみて、ジジが「敗れた後の力石徹みたいだ」と・・

(これも、わかる人にはわかる)

私の初恋は力石徹に似た男子だったので、まぁ結構嬉しかったけど \( ̄▽ ̄)/





明日から仕事に復帰するので、朝、元気を取り戻すために海散歩してきました。

scruff_20110919151736.jpg

スクラッフは相変わらずボール命。

何度か海に入り、気持ち良さそうでした。



charlie_20110919151658.jpg

チャーリーは「ラブですか?」と聞かれました。



gonzo_20110919151719.jpg

ゴンゾは「何て犬種ですか?」と聞かれました。



いつもと同じ会話です。





我が家の日常が戻ってきました。

家に中に病人がいると、いけませんね。

気をつけているはずなんだけれど、

もっと家族と自分自身の体調を気に掛けないと。





平凡な日常に感謝、感謝。

三浦半島周回

  • 2010/10/20(水) 08:11:44

「なんだなんだ?」
inada1.jpg



「イナダだ!」
inada2.jpg

三浦漁港で、イナダ2匹380円でお買い上げ。

毎度あり~。





この日は、「鎌倉→横須賀→三浦→葉山→鎌倉」ってな感じで

三浦半島周回ドライブを決行。

夕暮れ時は、森戸海岸で休憩。

森戸

夕日に見とれてると、ゴンゾは貝を食べてました。

慌てて手を突っ込んで出したけど 油断も隙もありゃしない ┐( -"-)┌





ほんとは三浦まで行く気ゼロだったので、この日の同行はゴンゾのみ。

チャーリーとスクラッフへのお土産は、イナダとキビナゴでした。

もちろんジジが、イナダを刺身にして、キビナゴをボイルしてあげました( ̄ー ̄)

歌舞伎

  • 2010/09/29(水) 15:20:52

ちょっと前(9/16)になるけれど、人生で2回目となる歌舞伎を観てきました。

鎌倉芸術館で。

中村勘太郎・中村七之助ご兄弟の『錦秋特別公演』というもので、

近所だし、初心者OK!そうな値段と演目ということで思い切って行ってきました。





素直な感想としては、眠かった時間もあったかなというところでしょうか。

とはいえ思った以上に楽しみました。




演目は 

一、橋弁慶(勘太郎さん、七之助さん)
二、勘太郎さん 七之助さんの芸談(武藤まき子さんも登場)
三、あやめ浴衣(女形4人衆)
四、浦島(勘太郎さん)
五、藤娘(七之助さん)



『橋弁慶』では、弁慶(勘太郎さん)、牛若丸(七之助さん)ともにかつら無しの素踊り。

凛々しい弁慶と、はらりはらりと踊る牛若丸。

ここは鎌倉ですから、やはり牛若丸(義経)は必須ですね。



『芸談』では、数分の間をおいてスーツ姿で登場。

意外や意外、二人の体格はそれほど違いませんでした。

先ほどまで、弁慶と牛若丸だったのに、すっかり好青年に変身。

お兄さんのほうがはにかみ屋で、弟くんのほうが強い印象。



『あやめ浴衣』のみ、中村兄弟の出演は無しで女形4人が踊ります。

正直、ちょっとごつかったかな。



『浦島』は、いわずとしれた浦島太郎の話を舞踊にしたもの。

若者姿から翁に一瞬にして変身する勘太郎さんは、圧巻でした。

変身そのものも驚きましたが、

若者と翁を一瞬にして演じきる勘太郎さんに脱帽です。

私自身は、この演目が一番わかりやすくて楽しみました。



最後は『藤娘』。

藤娘の七之助さんは、可愛く、綺麗で、女性そのものです。

『あやめ浴衣』の4人がちょっとごつかったのは、七之助さんを惹きたてるためか・・

と一瞬思いましたが、それは違うとすぐに気付きました。

七之助さんがいいんですね。

勘太郎さんとたいして背格好が変わらないのに、

どうしてこんなに女性らしいのだろうと

キツネにつままれたような感覚でした。



勘三郎さん、幸せだろうな。





トリミング後

僕はやっと涼しくなって幸せ。





あ、歌舞伎鑑賞はまた行きたいと思います。(´д`)

嵐に嫉妬

  • 2010/09/20(月) 11:18:53

なんかの歌番で「嵐」が出演。

歌い始めると同時に、ジジの携帯が鳴り、

歌い終わると同時に、ジジの会話が終了。





会話に邪魔なので下げた音量を、

もとに戻しながら「嵐だったのにな」とボソッと言ったら、





「嵐だっていつかオヤジになるんだよヽ(#`Д´)ノ」





と言い返された。(*・ω・)ン?

4men.jpg


『嵐がオヤジになる頃、ジジはお爺さんだよ』と心の中で思いながら、

マジで嫉いてるジジに笑えた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。